【1分ドロキュン解説】ギルティ(ドラマ) 5話目レビュー

ギルティ5話目のあらすじ

ここ数日、体の不調が続いている爽は

一真の子供を妊娠したのではないかと考えます。

 

複雑な気持ちを抱えながら1人カフェで過ごしていると

偶然秋山の妻・美和子に会います。

「好きな人の子供を産むのが最高の幸せだ」

語る美和子に今の自分を重ねる爽。

 

一方、一真は再び瑠衣の家を訪れ

強引に関係を持とうとしていました。

 

爽に見限られたことを瑠衣に陥れられたからだと開き直る態度に

さすがの瑠衣も平手打ちをします。

 

最初は憎まれ口を叩き合う2人でしたが

瑠衣が子供を産めない体であると知った一真は

彼女をそっと抱きしめるのでした。

 

それから程なくして

爽は職場のエントランスで秋山を見つけます。

 

心配して来てくれた秋山ですが

爽は身を隠してスマホから

「二人で会うのは、もう止めよう」

と連絡するのでした。

ギルティ5話目の感想

今まで類を見ないようなドロドロ展開なのに

妙に現実味があって生々しいので引き込まれてしまいます。

 

特に、日頃から自分を尊敬してフォローまでしてくれた後輩が

陰口を言っているシーンなどは胸が痛みました。

 

しかも、それを指摘して庇ってくれた子までが

まさかの裏切り者と判明し

人間ってここまで嘘をつけるのかと常々驚かされます。

 

また、瑠衣と一真の歪んだ人間性も伝わってきました。

 

極め付けはお互いの好きな所を言い合うシーン。

 

瑠衣は一真が奥さんを名前で言わない所に惹かれ

一真は瑠衣が自分なんかの子供は欲しくないと言う所に魅力を感じたとのこと。

歪な過去があるからこそ

普通とは求めるものが大きく異なるのが分かります。

 

今回は瑠衣が子供を産めないとカミングアウトしましたが

まだ彼女の過去や正体は謎のままです。

 

新たな裏切り者の登場でさらにストーリーが交錯してきましたが

今までの伏線もしっかり回収して欲しい所です。

ギルティ5話目のネタバレ

前回は辛い過去をもつ一真に同情しましたが

5話ではあまりのクズっぷりに呆れてしまいました。

 

爽に連絡して反省したかと思ったのに

再び瑠衣の部屋に押し掛けるシーンは目を疑います。

 

しかも、自分の自暴自棄な行動の原因を全て人に押し付けて

開きなおるところがまたヤバイ。

 

嫁に見限られたのは瑠衣が陥れたからで

こんなクズ男に近付いなのも瑠衣だから

シンプルにいこうという発言はもう無茶苦茶です。

 

また、そんな一真とは対照的に

ひらすら爽を大切に想う秋山には心打たれます。

 

爽の前では出さない心配性で優しさに溢れた姿には

ギャップ萌え不可避です。

 

ただ、心配性が過ぎて職場まで来てしまうのはいかがなものかと。

 

一見純情なラブストーリーですがどちらも既婚者なので

あまりにもお互いに依存している様子は

観ている方が不安になります。

 

今回はそんな秋山さえ失ってしまったので

一人ぼっちになった爽がどう動いていくのか目が離せません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です