【衝撃的展開!】ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~5巻 感想と見どころ

ebookjapanで試し読み!ebookjapanで試し読み!
(1巻無料中 550円⇒0円)

ギルティ~鳴かぬ蛍 5巻のあらすじ

爽と若菜は瑠衣の高校で卒業アルバムを手に取り、改めて苗字を確認する。秋山という瑠衣の苗字を見てパニックになった爽は、今までの出来事を思い出し、兄妹ならすべてがつながることに気づく。若菜の助言で秋山にメッセージを送るが、既読無視されてしまい、なかなか話が進まない。しびれを切らした爽は、秋山瑠衣という名前を出し、より直接的な質問をする。ようやく返信が届くが、その内容は兄妹であることを認めるものであり、爽は言葉を失うのだった。

ギルティ5巻を読んだ感想

いろいろな謎が次々に明かされ、ミステリー小説のような面白さを感じました。浮気が発覚する部分が最初の盛り上がるポイントなら、謎が解かれていく一連のシーンは、第2の盛り上がりという印象です。かなり興奮しながら早いペースで読み進めてしまい、少しもったいなく感じたほの面白さでした。事前に情報を入れていなかったため、まったく展開が予想できなかったことも、良い方向に作用したと思います。そのおかげで、120%の驚きを体験できました。

ギルティ5巻の見どころ

怒涛のように謎が明かされ、ストーリの面白さを再確認できるのが、5巻の最大の見どころです。裏の顔がはっきり出てくる3巻も衝撃的でしたが、5巻の爆発力はそれを上回るものがあります。4巻では爽が追いつめられるシーンが目立ちましたが、5巻へ向けての準備期間だったようです。1巻から読み続けていた人ならより楽しめる作りになっており、今までの名場面を振り返りたい気持ちにさせてくれます。

 

【謎解明?】ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~6巻 感想と見どころ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です