【新展開に驚愕】ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~4巻 感想と見どころ

ebookjapanで試し読み!ebookjapanで試し読み!
(1巻無料中 550円⇒0円)

ギルティ~鳴かぬ蛍 4巻のあらすじ

病院からの電話で母親の自殺未遂を知らされた爽は、大きなショックを受ける。そんなとき、一真から身勝手な謝罪のメッセージまで届く。これまでのさまざまな出来事を思い出し、何もかも嫌になった爽は、秋山と訪れた夜の海岸で、携帯を海へ放り投げてしまう。幸いにも防水仕様だったため、秋山が拾ってきた携帯は無事だった。連絡する手段がなくなると釘を刺し、携帯を返す秋山。その携帯をきっかけに、爽は秋山との間に起こった過去の出来事を回想し始める。

ギルティ4巻を読んだ感想

裏切りが面白い恋愛サスペンスとはいえ、追い込まれていく爽を見ていると、さすがにかわいそうになってきました。母親の自殺未遂の他にも、つらい出来事が多く起こる巻なので、同情しながら読んでしまいます。それでも、面白さは失速していません。精神的な限界が迫っている爽がどうなるのか、先の展開が気になり、一気に読んでしまいました。陰鬱な空気も、サスペンスの魅力のひとつです。今後も引き込まれる展開が続くことを期待しています。

ギルティ4巻の見どころ

この巻の見どころは、3巻で爆発的に盛り上がった物語が、また別の方向へ展開していくところです。浮気がバレる展開も衝撃的ではありましたが、この巻ではさらに先の先まで物語が進み、新たな衝撃を味わえるようになっています。次々に物語を転がしていくその手腕は、まさにプロの仕事です。最初から読み、今までの流れを知っていると、作家のすごさが良くわかる巻になっています。

 

【衝撃的展開!】ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~5巻 感想と見どころ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です