【1分ネタバレ解説】ギルティ(ドラマ) 2話目レビュー

ドラマ2話目のあらすじ

秋山から電話で店にストールを忘れたことに気づいた爽。

一真から「今夜は遅くなる」と連絡を受けていた爽は、秋山の店の料理を食べながら昔の話に花を咲かせます。

そこへ秋山の詰まった・美和子がやって来て、秋山と仕事の話をはじめます。既婚者とわかっていても、元恋人が他の女性を名前で呼んでいる姿に複雑な気持ちになり、爽は店をあとにしました。

その頃、瑠衣と一真は一緒にベッドの中にいました。

瑠衣は「奥さんってどんな人?」などと軽口を叩きますが、1人シャワーを浴びながら苦しそうな表情を浮かべるのでした。

 

爽が家に帰ると一真がワインを用意して待っていました。

お酒の話になり、一真が今度チートンに連れていって欲しいと言いますが、自分の隠れ家を失いたくない爽は理由をつけて拒否します。

一真が寝たあと、爽は自分のバッグから見覚えのないものを撮り出します。

はじめは自分の仕事で使うボイスレコーダーかと思いましたが、よく見るとそれはGPSでした。

そして、爽は眠っている一真を見てはっと気がつきます。

先ほど迷いなく爽の行きつけのバー「チートン」の名前を口にした一真。

しかし、爽は一真に店の名前なんて教えたことがないことを。

ドラマ2話目の感想

意地悪な態度をとりつつも優しさが感じられる秋山が好きです。

爽が別れ話を切り出しても穏やかに受け止めており、再会後の会話にも過去の辛さを感じさせない気遣いが感じられます。

冷たいように見えて実はしっかり相手を思いやっている姿とのギャップがたまりません。

ただ、奥さんは表情に乏しく自信なげな様子なので、この夫婦にも実は裏があるのではと感じさせます。

 

また、爽が瑠衣の自宅で見つけた卒業写真も気になります。

瑠衣にもなにか辛い過去があり、それが原因で一真と関係を持ってしまったのではと思いました。

一方で、瑠衣と会った後も白々しく記念日を祝おうとする一真にイラッとしました。

家庭がありながら平然と半年も浮気していた一真は瑠衣以上にギルティだと思います。

爽と瑠衣には争って欲しくないですが、一真を野放しにしておきたくないのが悩ましいところです。

ドラマ2話目のネタバレ

一真と瑠衣の関係がいつ爽にバレてしまうのか、終始ハラハラさせられる展開でした。

特に母の見舞いから帰る爽と、夫婦のマンションから出てくる瑠衣がエレベーターですれ違うシーンはかなり緊迫していました。

 

しかも、彼らは半年前から不倫しており、しかも最初に「絶対に離婚はしない」ことを条件にしていたと明らかになります。

今まで爽に疑われることなく親友の座まで手に入れた瑠衣が、いきなり爽の留守中に自宅に押しかけた真意なども気になります。

GPSを仕込んだことがバレにも関わらず、悪びれずに一真に執着する姿勢に驚かされました。

 

とはいえ、爽と一真の夫婦関係が崩れたところで秋山はすでに既婚者のため、浮気がバレないでいてほしいと思うところもあります。

瑠衣も一真に救われており、傷ついている時に優しくされたら人のものでも欲しくなる気持ちにも思わず共感してしまいました。

登場人物が全員なにかしら良くないことをしているのは確かですが、一概に責められないような作り込まれた設定が魅力的です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です