ドラマ『ギルティ特別編1話』 あらすじ・感想・ネタバレ紹介

特別編1話のあらすじ

諸事情(コロナウィルスの影響等)によってドラマが休止しているにあたり、今までのストーリーを振り返る特別編。

今回は、4月2日に放送された1話が、爽役・新川優愛と秋山役・町田翔太の副音声付きで放送されました。

オープニングは2人の軽いトークが盛り込まれ、町田さんからの「家でなにをしていますか?」との質問に対し、新川さんは「テレビゲームしてます」とのこと。

おっとりしていて何処かお茶目な新川さんは、しっかり者な爽とのギャップが感じられました。

一方で町田さんは「しっかりめに寝て、しっかりめに筋トレをしている」そうです(笑)どちらもコロナの影響にめげす、充実した時間を過ごしているようでこちらも元気をもらえました。

その後、マイペースな2人による1話の実況が始まりました。

副音声を充てるのは初めてという新川さんを和ませる町田さんの姿が印象的でした。

 

特別編1話の感想

初見だけでは分からないところにも気付ける回でした。

主要キャストである新川さんと町田さんに作品について、約1時間じっくり聞けるのはとても贅沢なひとときでした。

さらに、登場人物の行動に対し男性と女性両方の視点で楽しめるのも魅力です。

 

内容も単に実況するだけでなく、細やかな空ふが感じられ作品にも入りやすかったです。

大事な場面では一瞬静かになったり、初見のていで「このあとどうなるんだろう?」とコメントしてくれるので臨場感があって楽しかったです。

また、濡れ場が多いドラマでもあるので、ベッドシーンではちょっと気まずそうな雰囲気が目立ちました。

素の2人のピュアな会話が可愛らしかったです。

 

特別編1話のネタバレ

ドラマの内容だけに限らず、他のキャストさんについての裏話もあるのがよかったです。

普段は優しい小池さんや、チートンのマスターを演じる阿部さんの話も聞けました。

 

また、町田さんのふとした疑問から思いがけず話が広がったのはこちらも盛り上がりました。

爽と瑠衣のように「バーで友達作れるの?」という質問に対し、新川さんはそもそもお酒を飲まないという意外な答えでした。

しかし、そこから発展して二十歳のときにマネージャーとバーに行った話に。

その時、ずっと憧れだった「あちらの方からです」をなんと初対面のお客さんにお願いして、本当にやってもらったとのことです。

お茶目なエピソードが面白かったです。

 

そして、後半では町田さんの天然が炸裂。爽と秋山が再会したシーンでは感極まる新川さんの隣で、

「あのシーンはスローとカットすごく多いよね」なんて呑気に話し、

瑠衣のニート彼氏が実はカズくんであったのが分かった時、

「めっちゃ働いてる〜。ニートじゃな〜い」って素のコメントに思わず和んでしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です